ページビューの合計

2016/01/09

東京駅グランルーフ「Tokyo Colors. 2015」

吹き抜ける風を感じて、幻想的な光を放つ
冬の東京駅を彩る「Tokyo Colors. 2015」が12月1日からスタート。グランルーフのペデストリアンデッキに吹き抜ける風をセンサーで感知し、光と音で風を表現。3000本のオリジナルの灯具「希望の芽」は、昨年よりも輝きが増し、さまざまな工夫を盛り込むことで、さらに体感度が高くなった。風を受けて変化する演出は、その瞬間しか見ることができない幻想的な世界をつくり出す。