ページビューの合計

2011/11/05

東京の地下鉄のサービス一体化に向けた取り組みについて

東京都交通局と東京メトロは、「東京の地下鉄の一元化等に関する協議会(第4 回)」
(平成23 年2 月3 日開催)での合意に基づき、サービス一体化を段階的に進めることとし、これまで、協議・検討してまいりました。
このたび、今後のサービス一体化の取り組みについて、別紙のとおりとりまとめましたので、お知らせいたします。(別紙については、東京都と同時発表しております。)
東京メトロでは、利用者利便の向上等の観点から、引き続き、サービスの一体化について取り組んでまいります。

1 乗換の改善
(1) 九段下駅の乗換改善(ホーム及びコンコース階の一部壁撤去)について、平成23 年中に着手し、平成24 年度中の完成を目指します。
(2) 乗換駅の追加指定(岩本町駅・秋葉原駅)及び改札通過サービス(春日駅・後楽園駅、市ケ谷駅)について、既に所要のシステム変更等に着手しており、平成24 年度中に実施します。
(3) 本郷三丁目駅の連絡通路整備、六本木駅の改札通過サービスなどの乗換利便性の向上につきましては、工事の施工方法、お客様の案内の手法、安全確保など、解決すべき課題について、引き続き検討・協議し、条件の整ったものから順次、実施していきます。
2 運賃の乗換負担軽減策
運賃の乗換負担軽減策については、具体的な実施内容や、両者の経営に与える影響、他事業者を含めたICカードシステムに与える影響などを検討してきました。
一方、平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災の影響により、東京都交通局・東京メトロとも運輸収入は大きく減少しており、経営への影響は避けられない状況にあります。
こうしたことから、今後の運輸収入実績も踏まえ、通算運賃制度や乗継割引の拡大等に関し、両者が具体的に検討を行い、取りまとめるものとします。
3 その他
震災等発生時において、各種情報提供を始めとした帰宅困難者対策や、両者の乗換駅におけるお客様の避難誘導、運転再開にむけた連携強化など、東京都交通局と東京メトロが一体的に取り組むこととし、その具体的な内容については、関係機関とも連携を取りつつ、引き続き協議していきます。



東京の地下鉄の一元化については、以前から指摘が有ったが、具体的な事例として、九段下の半蔵門線と都営新宿線の壁の撤去(猪瀬直樹がしつこいくらいに提唱)や秋葉原と岩本町の乗換駅等が挙げられた。
九段下は半蔵門線の押上方面と新宿線の新宿方面が同一ホーム乗り換えとなる。お互いのその先で交わる事はないので、見た目以上に使える乗り換えかも。