ページビューの合計

2011/08/23

フジテレビ抗議デモに参加した






21日にお台場で行われた、フジテレビに対する抗議デモに参加してきました。

今回のデモは最初に企画された、ネットで呼びかけの有った、有志によるデモとその後にこの事に共感し、デモを打った、「頑張れ日本」が時間をずらして行われた。自分が参加したのは後者の方。

最初のデモは年齢層が若く、初めてこういうデモに参加する人が多く、右翼色や特定の勢力を出来るだけ出さないようにしていた。この為、あくまでも「偏向報道」に対する抗議と言う事だが、その中には高岡ツィッターでの韓流批判もある。一方、後者は主催が「がんばれ日本」ですから、前者に比べて日の丸も多く、反韓流や反韓の色彩が濃いが、その中には「偏向報道」も入っている。

このように、この2つのデモは同じフジへの抗議デモだが、色合いが異なる。この為、この2つの間での見解の相違によるトラブルもあるにはあった。特に問題視されたのが、前者のデモが終盤に差し掛かった時に、そのフジテレビ前でチャンネル桜が街頭演説をやった事。水島社長はいつもの様にやっていたという認識だったが、これが右翼色をなくそうとした前者のデモ参加者の一部から顰蹙を買った。なにしろ、こういう事が初めてで、恐らくチャンネル桜を「街宣右翼」と認識したものもいたようで、尚且つそのタイミングで真の街宣右翼の「日本皇民党」が大音量を撒き散らしていったから、イメージが一気に悪くなった。それにしても、こいつら、本当に絶妙のタイミングで現れたが、それはこの2つのデモが効果が有った事を物語っている。

残念な事に、この件で抗議を受けた、水島社長は「今後は拘わらない」と宣言してしまったようだ。そうなると、次回が有った場合、前者のデモ主催者の力量が試される事になると思う。自分自身は2つやったからこそ、あの結果になったと思っている。